2010年03月03日

過去のCEDEC講演アーカイブが公開中(2006年〜2009年)

現在、講演者を募集しているCEDECのサイトに
2006年から2009年までに行われた講演のアーカイブが公開されています。

CEDECセッションアーカイブ

講演してみたいというかたは、資料として参考にしてみてください。
posted by akiras at 12:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』のメイキング講演ビデオ

自分の中では久々のいいネタ。

CG Channelに『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』(原題:Uncharted: Drake's Fortune)のメイキング講演のビデオがアップされました。
このビデオは、2009年1月22日に米国のGnomon Schoolにて撮影されたもので、最近公開されました。

ビデオはこちら↓

The Making of Uncharted | CG Channel


まだPart1しか見ていないのですが、ゲーム開発におけるチーム作りについて
かなり興味深い内容だったので、ここに要点のみをまとめておこうと思います。


講演で使われたスライドの題名は、
"Working Hard and Having Fun"
how Naughty Dog made
UNCHARTED DRANKE'S FORTUNE
となっています。

No-one Only Does Management
・マネジメントだけをやっている人は1人もいない
 →このことがチーム文化の根幹となっている
・すべての人が直接、ゲーム開発に関わっている
 →ゲームのクオリティ、面白さにフォーカスする
  各人が日々きっちり同じ量の作業をこなすので
  それぞれの作業にどのくらい時間がかかるか管理しなくてもよい

Give People Responsibility
・各人に責任を与える
 →予定を守り、良いクオリティを出すことに繋がる
  実際のところ、今まで出荷予定日より遅れたことが一度もない

Open Communication
・何か問題を見つけたら、即座に話し合って解決策(新しい方法)を探す

Face-to-Face Communication
・メールでやり取りするよりも、一緒に画面を見て話し合うほうがより早く、より効率的
 →誤解が生じるのを避けられる
・デスクで形式張らずに、問題と解決策について話し合うことで、良いプランに導くことができる

Short Meeting
・公式の会議は短くするようにしている
・本当に必要な議題だけに絞る
 →参加者の時間を無駄にするのを避けるため
・常に会議にはタイムリミットを設けている

Collaboration
・役職に関わらず一緒に話し合う
 →社内では、開発機の前に何人かが座って話し合っているのをよく見かける
  例えば、リードプログラマとリードアニメーターが主人公の動きの制御について
  話し合い、その結果、主人公がリアルなアニメーションで動いているときに
  ボタンを押すと、瞬時にそれに応じたユーザが好む動作にうまく切り替わる
  ようにできた

Cross-functional team
・我々のコラボレーションのアプローチとCross-functional teamとが関連していることに気がついた
 →Cross-functional
teamについては、Wikipediaを参照。(http://en.wikipedia.org/wiki/Cross-functional_team

Allocate work to those who are passionate about it
・あることに情熱のある人たちをうまく配置して作業する
→例えば、アニメーターがプログラマの隣の席に移動して、AIでのアニメーション移行について頻繁にやり取りをして解決

Do-ocracy
・組織構造の1つで、各人が役割とタスクを選び、実行していく
 →例)バーニング・マン
  自然にチーム文化ができる
  ジュニアクラスの人でも良い成果を出せば、どんどん責任を持たせていく
  参考サイト → http://www.communitywiki.org/en/DoOcracy

Chaotic / Good
・ごちゃごちゃしてカオスな状態というのは、挑戦的な仕事では機能する
 →形式的な承認プロセスなしに、各自がコミュニケートして、重要な事項をその場で決定する

Growing the Team
・採用ポリシーはスタジオの成長にとって、非常に重要
 →アンチャーテッドを開発していた3年間でチームサイズは2倍になった
  採用はじっくり、注意深く行っている
  我々がすばらしいと思う人だけを採用する
  デジタルアーティストのマネジメント会社にいた人を社内リクルーターとして採用したので
  アーティストの採用プロセスがより速く、よしスムースになった。

Part1はここまで。

Naughty Dog社でのやり方は、クリエティブなチーム作りの参考になるのではないかと思います。
posted by akiras at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

【CEDEC 2010】 講演者の公募受付がスタート




今週から『CEDEC 2010』の講演者の公募受付が始まりました。
受付は、3/31まで行っています。
今年は、新たに「ショートセッション(20分)」と「ポスター展示」という形式が加わりましたので、
60分の講演はちょっとなぁという方ももう少し気軽に申し込めるのではないかと思います。

また、応募者、採択者それぞれに特典も用意されているので、CEDECのWebサイトで
確認してみてください。

詳細は以下のページまで。
CEDEC 2010 | CESA Developers Conference


公募要項については以下のページに詳しく書かれています。
CEDEC 2010セッション公募について



ちなみに、過去のCEDECで講演されたCG関連のセッションをいくつか挙げさせていただきます。
プリビズの進化と効果
ゲームムービー製作におけるアニメーションデータの管理と活用
リアルタイムデモfor PS3 〜GENJI -神威奏乱-、 Foulks SoulにおけるCGムービーメイキング〜
3Dキャラクターアニメーションの作り方〜アニメーターのための演技術〜

キャラクターアナリシス 〜キャラクターの骨格と動きの関係について〜

CGクリエーターのための人体解剖学 〜筋肉編〜
posted by akiras at 13:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

東京ゲームショー レポートのリンク集まとめ

レポート記事がまとまっているページのまとめ


東京ゲームショウ2009 記事リンク集@Game Watch
http://game.watch.impress.co.jp/backno/tgs2009/

東京ゲームショウ2009 特設サイト - ファミ通.com
http://www.famitsu.com/event/tgs/2009/

TOKYO GAME SHOW 2009 最新情報@4Gamer
http://www.4gamer.net/words/003/W00373/

東京ゲームショウ関連記事@電撃オンライン
http://news.dengeki.com/arch/1009/200909/
posted by akiras at 16:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

『AVATAR THE GAME』@TGS

実機で見ることができなかった。残念。



アメリカザリガニの2人は、歩いているとこ見たんだけど・・・
posted by akiras at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

twitterユーザーのみなさん、東京ゲームショウの情報を共有しませんか!(ファミ通.com)

ファミ通.comより。

twitterユーザーのみなさん、東京ゲームショウの情報を共有しませんか!

●「幕張なう。」の時には、“#tgs09”をぜひ!


TGS関連の情報をつぶやくときには、#tgs09というタグを使いましょう。
posted by akiras at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

べヨネッタ フェイシャルアニメーション(Facial Animation of 'BAYONETTA')

プラチナゲームズ開発の『ベヨネッタ』におけるフェイシャルアニメーションの様子が公式サイトで紹介されていました。





そして、「ベヨネッタ モーションプロトタイプ動画」なるものもYouTubeにアップされている。

詳しくは、ベヨネッタのデザイン:モーション | BAYONETTA - ベヨブログ を読んでください。




このプロトタイプの映像と最近公開されているゲームプレイ映像を見比べると面白いです。
posted by akiras at 09:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

CEDEC 2009記事リンク集@Game Watch

Game WatchにあるCEDEC 2009記事リンク集
http://game.watch.impress.co.jp/backno/cedec2009/

posted by akiras at 01:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする