2017年01月29日

昨年末に『パシフィック・リム ビジュアルガイド [普及版]』が発行されていました。

巨大怪獣VS巨大ロボ――鬼才ギレルモ・デル・トロが放った人気作の舞台裏を収録したビジュアルガイドが、満を持して普及版として登場!

この書籍は、2013年7月に刊行された、『パシフィック・リム ビジュアルガイド』の仕様などを一部変更して、刊行を致します。2013年刊行時に付属しておりました、ギレルモ・デル・トロ監督自身がノートに綴ったアイデアやイメージスケッチのコピーや、映画で使用されているプロパガンダポスターなどの付録は付いておりません。予めご了承ください。










posted by akiras at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | パシフィック・リム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『パシフィック・リム』に参加したVFXスタジオ一覧 〜担当したシークエンスやショット数など〜【3/29更新】

『パシフィック・リム』に携わたVFXスタジオの一覧表を作ってみました。
※Ghost VFX社によるVFXブレイクダウンを追加しました(3/29)

pacificrim_jaegers_wallpaper_480px.jpg

スタジオ
担当シークエンス
ショット数

ジプシーvsナイフヘッド
香港でのバトル
海中決戦

プロローグ

香港シャッター・ドームの外観
ヘッド・ポッド内部
ShatterDome.JPG
香港シャッター・ドーム内部

ハンニバル・チャウの隠れ家付近の香港
ラストの海上のシーン
不明

司令室、ヘッド・ポッド内のフローティングUI

ジプシーが誤ってビルに拳を突っ込むシーン
オオタチを切り裂いて落下するスタジアムの座席



パイロットのスーツ
ヘッド・ポッド

中国にあるVirtuos社が香港シャッター・ドーム用の車両や航空機のモデルを提供しています。
3D立体視映像への変換は、Stereo D社が担当しています。


 

posted by akiras at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パシフィック・リム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

『パシフィック・リム』のモニター・グラフィック、フローティングUIを集めてみた。【9/2更新】

※Junction Box Design制作のグラフィックを追加しました。(2014/9/2)


Hybride Technologiesが制作したグラフィック















続きを読む
posted by akiras at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パシフィック・リム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

『パシフィック・リム』のイェーガーのパイロットを体験できる「Pacific Rim: Jaeger Pilot」のプロモーション映像【更新】



サンディエゴで開催されているComic-Con 2014のLegendary Picturesブースに設置されているそうです。



ソース:Guillermo del Toro Unveils Comic-Con 'Pacific Rim,' 'Crimson Peak' Fan Experiences


ILMから映画で使ったアセットをもらって作ったという代物。
開発は、REEL FXのようです。



ブースの様子の写真を追加しました。
(想像していたのとちょっと違いましたが。)




posted by akiras at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パシフィック・リム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

『パシフィック・リム』でニュートとハーマンが怪獣とハンドシェイクする際に使ったプロップの詳細な写真

Walter Klassen FX社が製作した『パシフィック・リム』の撮影に使われたニュートとハーマンが怪獣とハンドシェイクする際に使ったプロップの詳細な写真が多数紹介されているページのご紹介

Prop Spotlight – Pacific Rim (Walter Klassen FX社のWebサイト)


写真の一部をご紹介いたします。








 

posted by akiras at 11:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パシフィック・リム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。