2010年12月15日

【新刊】『mental ray マスター』、『ポストプロダクションワークフロー』が発売になります。

今月下旬にボーンデジタルから『mental ray マスター 3D/CADプロフェッショナルのためのレンダリングテクニック - Mastering mental ray 日本語版』と『ポストプロダクションワークフロー -Fix It In Post日本語版-』が発行されるようです。

『mental ray マスター』は『Mastering mental ray: Rendering Techniques for 3D and CAD Professionals』の翻訳本です。



内容紹介
時間を短縮、高品質なイメージを作成!
プロ用mental ray レンダリングテクニック!

3ds Max、Maya、Softimage、多くの3DCGソフト、
そして、AutoCAD、Inventor、Revit等のCAD系製品にも搭載、
mental ray レンダラーのテクニックを修得!






















一方、『ポストプロダクションワークフロー』は、『Fix It In Post: Solutions for Postproduction Problems』の翻訳本です。



内容紹介
「大丈夫、ポスプロで直そう!(“Don’t worry; we can just fix it in post!”)」というのは、撮影現場でよく言われるフレーズです。デジタル時代になり、さまざまな画像修正・補正テクニックが開発されている現在、撮影時の多少の不具合はポストプロダクションで修正できるようになっています。しかし、何をどのような順番で解決していくかを明快に説明している書籍はほとんど見当たりません。

本書では、ポストプロダクションのワークフローのうち問題解決の分野に的を絞り、問題をカテゴリに分けて詳しく説明しています。取り上げるトピックはレンズフレアの除去、画像をシャープにする、カラー補正を施すといった、比較的単純な問題から、フレーミングの拡張、リタイムなどといった高度な問題まで幅広く取り上げています。

特定のソフトウェアや編集機器の使用方法ではなく、Flame、Smoke、After Effects、Final Cut Pro、Vegas、Premiere Pro、Combustion、Shake、Motion、Avidなど、すべての編集システムに応用できる知識を提供することを目的としています。本書の知識がベースにあれば、使用する編集システムやソフトウェアを問わず、現場ですばやく問題に対処することができます。

実際にポストプロダクション作業に携わっている方に限らず、作品の仕上げの段階で役立つ実践的なアプローチを習得したいと思っているプロデューサやディレクタ、あるいはプロセスについてもっと学びたいという方々にお読みいただきたい1冊です。

















posted by akiras at 16:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック