2010年06月07日

Mayaのエフェクト本:『Maya スタジオプロジェクト Dynamics -Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト-』

6月中旬に『Maya スタジオプロジェクト Dynamics -Mayaで作成するリアルな大地、風、火、水のエフェクト-』というMayaのエフェクト本が発売になるそうです。





【本書の特徴】
何もないところから創りあげて、劇的なエフェクトを生み出すことができます!

映画に出てくるような目を見張るビジュアルエフェクトを作りたいなら、このユニークなプロフェッショナルレベルの本書こそ最適な1冊です。本書には、手順に沿った説明が満載されています。まず大地、風、火、水を基本的な要素に分けて分析し、次にMayaのパワフルなダイナミクスツールを使って自然をシミュレートする方法や、自然を覆すような息を飲むエフェクトを作り出す方法を紹介します。

本書の最大の魅力は、実践によって学べることです。スタジオのプロがそうであるように、ゼロから開始し、単純なものから徐々に複雑なものへと順を追って、一連のプロジェクトの完全なレンダリングを作成していきます。実際のトルネード(竜巻)の内部で大気がどのように移動するかを理解し、猛威を振るうツイスターをシミュレートします。流体ダイナミクスを習得し、ガソリンスタンドを爆破します。そのすべて、そしてさらに豊富なレッスンが、この実用的なガイドに詰まっています。

- 一連のプロジェクトを完成させ、Mayaのダイナミクスを徹底的にマスターする
- 他の書籍ではお目にかかれないプロレベルのテクニックを習得する
- ニュートンの法則とMayaのニュートンフィールドを利用して、衛星に惑星の周囲を周回させる
- 流体ダイナミクスとMayaの流体エフェクトを理解し、太陽をデザインする
- 流体エフェクト、nCloth、ヘアといった、さまざまなシミュレーションシステムを組み合わせて、オブジェクトを破壊する
- 火山、トルネード、爆発、彗星、洪水を含む、さまざまなエフェクトを作成する
- 自然現象をシミュレートし、それにひとひねりを加えることで魅力的なエフェクトを作り上げる



ちなみに、翻訳元の書籍はこちら。



posted by akiras at 02:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック